事務局だより | ブログ

事務局からのお知らせ。

xmas1.gifみなさま。

今年もあと数えるほどになりましたねー。

今年は本当に、たっくさんの方々にお世話になりました。
皆さまの協力なくしては起こり得なかった、なら国際映画祭2010

少し早いですが、今年締めくくりのメッセージとさせていただきたいと思います♪

また来年も、まだ成長途中のこのなら国際映画祭を、どうか温かく見守ってくださいm(_ _)m
困っていたら、どうか救いの手を差し伸べてやってください(笑)

みなさま、メリークリスマス。
そして、良いお年を


P.S. 事務局は、12月29日から1月4日まで、お休みとさせていただきます。 

 

 

 

 

シネマデプト友楽(の一部)がここに復活

今年の1月末に閉館してしまった、シネマデプト友楽(;_;) 当映画祭に機材が寄贈されたという感動話も。
  (その時のブログはこちら

その、今はなきシネマデプト友楽(の一部)が、ここに!甦りましたー!       
こことは?その一部とは??


もちいどの商店街近くにある「もいち堂」です。画像 058.jpg
(もいち堂の歴史:旧印刷工場を、演劇愛好家らが改装してできたフリースペース。名前の由来は、もちいどのセンター街の名前と「もう一度来て」との語呂合わせ、だそう☆)

その「もいち堂」に、シネマデプト友楽で使われていたスクリーンが設置されました。


設置、思ってたより大変だった。。
って、私たちがしたんじゃないけれど(笑)

ナ・Liveという、奈良市の一般市民による演劇集団の方たちが、設置してくれました。(このもちい堂で、公演しています)
画像 062.jpg彼らも私たちと同じく、奈良を拠点に芸術活動を行っています。

ずっと折り畳んであったから、スクリーンしわくちゃだなぁ^^;

スクリーンって、表面に小さな穴が開いてるの、知ってました?
スクリーンの裏に置いたスピーカーから音が聞こえるように、だって

奈良市から映画館がなくなってしまった今(泣)、いつかここで、みんながもう一度観たい映画とか上映できたらなぁとか思ってます!!


 

ペドロ・ゴンサレス・ルビオ監督、来日

  _DSC0693.jpg _DSC1546.jpg 

今年8月に開催された『なら国際映画祭』で、見事ゴールデンSHIKA賞を受賞したペドロ・ゴンサレス・ルビオ監督。
次回NARAtive撮影のため、10月下旬に来日し、十津川村へロケハン(ロケ地探し)に行きました。

_DSC0906.jpg
十津川村をとても気に入った様子で、着々と構想を練っていました。

『海へ』では、とても綺麗な映像を見せてくれたペドロ監督。
きっと十津川も美しく撮ってくれることでしょう。

どんな作品が出来上がるのか、今から楽しみですね☆☆


 

 

 

 

 

 

 

『APE』快挙!!

『APE』西中拓史監督より、ご報告がありました!

11月27日・28日に開催された京都造形芸術大学映画祭にて、当作品が、最優秀作品賞、ならびに、監督賞と撮影/照明賞を受賞いたしました。さらに、11月6日・7日に開催された、長野県の「うえだ城下町映画祭」にても、大賞を受賞されたとのことです。

なら国際映画祭で観客賞を受賞した作品が、さらに他の映画祭でも高く評価されているということに、事務局員一同、喜びを感じております。

『APE』は、2011年2月12日(土) - 18日(金)に京都シネマにて上映予定となっております。皆さま、ぜひともお見逃しなく。

 

NARAtive2作品 第28回トリノ国際映画祭に正式出品

奈良を世界へ発信するべく企画された映画製作プロジェクト、NARAtive(ナラティブ)がついに世界に発信されました!

 第28回トリノ国際映画祭(2010/11/26-2010/12/4) への正式出品が決まりました。

『光男の栗』は TORINO28 INTERNATIONAL FEATURE FILM COMPETITION部門にて。

 『びおん』は WAVE 部門にて。 

 上映されます!!

NARA-wave作品『オルタナドラゴン』が観られるチャンス!

 


なら国際映画祭2010「NARA-wave 学生映画の今」で上映された作品のひとつ、
『オルタナドラゴン』(監督:和田武士)が、
第20回TAMA CINEMA FORUMの「TAMA NEW WAVE ある視点 -- アーティスティック・ナイト --」部門で上映されることになりました!
という嬉しいニュースを和田監督ご本人からいただきましたー(^O^)

上映は11月26日(金)18時20分から、とのことです。
会場は東京都多摩市。
お近くの方、機会のある方はぜひ☆

明日9/28(火)17:15放送 テレビ大阪

明日9月28日(火)17:15~放送のテレビ大阪「ニュースBIZ」に
当映画祭理事の中野がインタビュー出演します!

9月7日付日経新聞夕刊の記事、
『熱意のミニシアター 神戸・元町商店街と京都駅ビルに開設』をもとにした特集コーナーで、
インタビューでは映画(館)と共に育って来た自身のおいたちから奈良で映画祭をやる意義まで熱く語っています!

ぜひご覧ください。

観客賞受賞の『APE』が観られるチャンス!

ape.jpg
 
なら国際映画祭2010で観客賞を受賞した作品『APE(エイプ)』が、
「第4回京都造形芸術大学映画祭」の選考上映会にて上映される事が決まりました!

上映の日時と公式サイトのURLです。
[1]9月20日(祝) 14:25~(会場:京都造形芸術大学 人間館 映像ホール)←追加!
[2]9月26日(日) 10:30~(会場:京都造形芸術大学 高原校舎 試写室)
[3]10月4日(月) 16:30~(会場:京都造形芸術大学 高原校舎 試写室)
[4]10月23日(土) 14:45~(会場:京都造形芸術大学 高原校舎 試写室)
※京都造形芸術大学映画祭公式サイト
http://kyozo-eigasai.com
 

なら国際映画祭で見逃してしまった方、そしてもう一回観たいという方も、
是非、スクリーンで見れるこの機会に足をお運びください。

 

この嬉しいニュースは、西中拓史監督ご本人からメールで教えていただきました。

なら国際映画祭に出品された作品が、こうしてどんどん広がりを持って、
方々で上映されていくのは、本当に嬉しいことです。
そしてなによりも、こうして監督から“次の上映が決まったよ!”
という報告をいただけることが私たちの喜びです。
 
ではみなさん、残暑もまだまだ厳しい折、どうぞご自愛下さいませ。

(事務局)

 

インターネット写真販売のご案内

8月25日レッドカーペットを歩いてくださったみなさま
下記サイト「BEST SMILE」にて、レッドカーペットの写真の閲覧・購入が出来ます。

bestsmile-b-2.gif

(↑クリック)
当日受付にてお渡ししたビラに記載されている手順にそって、ぜひご覧くださいませ。

bestsmile.jpg



販売期間:2010年9月1日(水)〜2010年11月1日(月)
※販売期間は都合により前後することがございます。
 

なら国際映画祭2010閉幕。ゴールデンSHIKA賞、観客賞決定!

なら国際映画祭2010は昨日、4日間の会期を終え、おかげさまで無事閉幕いたしました。
たくさんのご来場ありがとうございました。
また、準備段階から開催まで、本当にたくさんの方々のご理解ご協力をいただき、ここまでくることができました。
実行委員会一同、心よりお礼申し上げます。

<記録>
上映本数:22本
来場者数:5527名(4日間のべ)
スタッフ数:310名(4日間のべ)

《ゴールデンSHIKA賞(最優秀賞)》
「海へ」
ペドロ・ゴンサレス・ルビオ監督

《観客賞》
「アジャミ」
スキャンダー・コプティ監督・ヤロン・シャニ監督

「APE(エイプ)」
西中 拓史監督
 

<掲載記事>
讀賣新聞
映画祭閉幕 河瀬監督、満面の笑み

朝日新聞
なら国際映画祭、ペドロ監督の「海へ」最高賞

産経新聞
なら国際映画祭 「海へ」最優秀賞 メキシコ作品



 

本日開幕!レッドカーペットの決行についてのお知らせ

いよいよ本日、なら国際映画祭2010が開幕します!
猿沢池五十二段のレッドカーペットは、予定通り行なう予定ですが、
夕立があるかもしれませんので、万一に備え雨具を各自でご準備いただけますようお願い申し上げます。

 

「高木正勝特集」スペシャル旅行プラン!

東京方面からお越しの方に朗報!
なら国際映画祭2010のプログラムのひとつ、
世界的に注目を集めるアーティスト:高木正勝氏の
映像作品やトーク、ラ イブ コンサートをお楽しみいただける「高木正勝特集」8/26@ 奈良県文化会館の
スペシャル旅行プランをご紹介します!
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

「高 木正勝特集」スペシャル旅行プラン

 



 

つぶやきでまちおこしフォーラム@奈良

tubuyakifourmnara.jpg

今週の土曜日、7月10日・・・そう、710(ナント)の日!!
奈良で、

twitter_logo_header.pngをきっかけに生まれた画期的なイベント

『つぶやきでまちおこしフォーラム@奈良』が開催されます!
その会場で、映画祭のPRをさせていただけることになりました☆


このイベント、twitter_logo_header.pngの中ではすでに、なんだかものすごい気運の高まりが・・・

まさに、「奈良が好き」をキーワードに、実にさまざまな人が集まりつながり、
情熱がぶつかりあって新しいものを生み出そうとしている、そんな印象です。

もう、何が起こるか全く予想がつかない、だからこそ目が離せない、
とんでもない一日になりそうです。

奈良を愛する皆さま、ぜひご参加ください☆ 会場でお会いしましょう!




 

「シネマデプト友楽」より映写機等をご寄贈頂きました

yuraku-03.jpg


今年の1月末に、惜しまれながら閉館した
奈良市内の映画館「シネマデプト友楽」から当映画祭に、なんと、
映画館で使用されていた映写機スクリーン、スピーカー、暗幕などを
寄贈していただけることになり、先日、映画祭のスタッフで
機材の取り外し・運び出し作業を行ないました。


yuraku-01.jpgyuraku-02.jpg

↑映写機の運び出し
←スクリーンの取り外し


ひと月ほど前、映写機などを映画祭で使わせていただけないかお願いしていたところ、
友楽社長の谷井勇夫さんが
「機材にも心があるとすれば、本来の役割で働けることが一番幸せなはず」と、快く応じてくださったのです。

yuraku-04.jpg
映画館について想いを語る友楽社長・谷井さん(右)

作業をしている間、そんな谷井さんの想いや友楽での思い出が胸をよぎり、
心がうるうる・・・(;_;)

70年近くに渡る友楽の歴史や映画への‘愛’ とともに、

なら国際映画祭はスタートを切ります!


映画祭で機材をフル活用することが、何よりも谷井さんや友楽への恩返し。
世界の素晴らしい映画を招待し、いい映画を奈良でつくって、
たくさんの人に来てもらって、たくさんの人に観てもらおうと、改めて思いました。

できる"新人くん"!

借り物だった掃除機を返してから早数ヶ月・・

日増しに、目も当てられないくらい(!)ばばちくなっていってた事務局に、
本日、ぴっかぴかの掃除機くんが来てくれました!

PA0_0000.JPG

キャー!かわいい??っ(>▽<)
R2-D2みたい☆うふふ。

さっそく、吸いこんでもらいましたよー、数カ月分の、チリ・チリ・チリ!
さすが、“若いコ”はパワフルだわ☆

PA0_0001.JPG

アップにも耐える肌のツヤ。
これからどんどん、活躍してくれることでしょう。
 

まんとくんが応援に来てくれました☆

 manto-02-s.jpg

先日、遷都祭会場でのなら国際映画祭特設PRブースに、
なんとあの!!

まんとくんが応援に来てくれましたーーーーーーーーっっ!!

manto-01-s.jpg

きゃわゆーーーーーい(>▽<)!!

あまりのかわいさに興奮し、
ムギュゥっ!ムギュウッーッ!としすぎた当映画祭のスタッフ、
まんとくんに『どうどう(落ち着いて)』と諭されたり・・(^^;)

まんとくん、応援に来てくれて、ほんとにありがとーーー!
 
manto-03-s.jpg

 他にも、大和肉鶏の売店のお兄ちゃんが、
前を通るたびに映画祭のことも大声で宣伝してくださったり、
たくさんのあったかーいつながりが
会場のそこら中で生まれていました☆

立ち寄ってくださった皆様、
チラシを持ち帰ってくださった皆様、
応援してくださった皆様、
本当にありがとうございます!

元気にPRを手伝っていただいた、
奈良県立大の学生さんも、ありがとうございました。
みんな、キラキラしていました!

そして、貴重な場をご提供いただきました、
平城遷都祭の皆様、総本家 平宗 株式会社柿の葉ずし様にも、
この場をお借りして心よりお礼申し上げます。

なら国際映画祭キャラバンが遷都祭に出没中!

なら国際映画祭のPRキャラバン隊が、現在、
平城宮跡で開催中の遷都祭に出没中です!

キャラバンの様子はコチラ

会場は、朱雀門前の「東市西市(とういち さいいち)」会場。
周りはおいしーい香りがただよう、“市(いち)”がたっくさん☆
 
5/9(日)まで開催中です。ぜひお越しくださーい(^O^)

雑誌掲載情報:ぱーぷる 4月号 (No.146)

enikki-01-S.jpg

奈良の人と街をつなぐ、コミュニケーションマガジン『ぱーぷる』
最新号(3/25発売 4月号)にご注目!

な、な、なんとっ!!

事務局の“生の声”をマンガでお届けする、
「なら国際映画祭 事務局イラスト日記」連載が始まりました!

今回のテーマは、
『ちまたでウワサの「なら国際映画祭」って何なん!?』です。

ぜひご覧くださーい(^O^)/

雑誌掲載情報:やまとびと 2010年春号(vol.43)

奈良県内を中心に配布されているフリーペーパー『やまとびと』の最新号(2/20発行 2010年春号 vol.43)にご注目!

見開きいっぱいのページに渡って、なら国際映画祭のことが紹介されています。

ぜひご覧ください。

公式ツイッター開設!

なら国際映画祭の公式ツイッターができました!

http://twitter.com/naraiffnaraiff

Twitterを利用されている方は、 ぜひフォローしてくださいね☆

このページの先頭へ